ゆらトレ®とは

あなたもこんな辛さを何年も抱え続けていませんか?

朝起きても、疲れが残っていて、がっかりした気分で一日がスタート。 会社に着いた時点で、すでにぐったり。集中力が持続せず、もうひと頑張りもできなくなってきた。 蓄積した疲れは、お風呂に入っても取りきれず、整体やマッサージに駆け込んでラクになっても長続きしないし、苦手な運動もやってはみたけれど、ヨガやジムでは解決しないどころか、年々少しずつ辛さが増し、恐怖すら感じるように… どうして、何をやっても解決しないのでしょう?

 

何をやっても解決できなかった理由

 

整体やマッサージでは、効果が長続きしません。
 
なぜなら、寝た状態で、辛い箇所をほぐし、骨や筋肉の位置を本来あるべき正しい位置に修正しても、立ち上がった瞬間に重力の影響を受けるので、十分な筋力がなければ、すぐに崩れてしまうからです。
 
たとえば、施術中はつらかった箇所がどんどんラクになるのですが、家に着くころには同じ箇所が重たく感じ、1週間もたつと元に戻っている感じです。
 
整体では、重力下で骨や
筋肉を正しい状態に保つ筋力をつけることはできないのです。
 
また、
運動が苦手でもできそうなこと、たとえば
ヨガやジムを試してこられたかもしれません。
 
でも、運動後のすっきり感よりもだるさを感じたり、続けても期待したほど不調も改善せず、
がっかりしたことはないでしょうか?
 
そもそも、すっきり感や軽さは、血流やリンパの『滞り』がないときに感じます。
 
そして、『滞り』は、筋肉の動きにくい箇所に起こり、重いと感じ、不調の原因となります。
 
さて、ここで少々厄介なのが、この動きにくい箇所です。
 
からだの仕組みとして、動きにくい箇所の代わりに、無意識に動かしやすい箇所を使って無意識に動けるようになっているので、自分で気が付くことも、正すことも難しいのです。
 
たとえば、前屈をするとき、背中、腰、太もも裏、股関節、足首、肩甲骨の動きが関わってきます。
 
もしも、前屈が苦手だとしたら、どこの部分が使えていないのかを知る必要があります。
 
なぜなら、知らないままつづけていくと、動く箇所と動かない箇所の差がひろがり、筋肉のバランスが崩れてしまうからです。
 
ヨガやトレーニングでは、もっと複雑な動きをするので、どこが動かしにくい箇所を特定するのがさらに難しくなります。
 
つまり、運動したつもりでも、使えていない箇所がそのまま=滞りもそのままなので、重さを感じたり、不調は改善しなかったのです。
 
でも、これまでやってきたことは、間違っていたわけではありません。
 
それぞれに何かが足りなかったのです。
 
では、いったいどうしたら不調を解消できるのでしょうか?
 

長年の不調を改善するには、重力に負けない筋バランスを手に入れ、日常生活に落とし込むことです。

 

 

整体やマッサージのように、骨や筋肉を正しい位置に戻すと、使いにくい箇所は使いやすくなり、滞りを生みにくくなります。
 
さらに、その状態で運動ができれば、からだがまんべんなく使えて筋バランスが整い、重力に負けなくなり、結果、不調の改善へとつながります。
 
つまり、いいとこどりができればいいわけです。
 
だったら、整体に行った後、運動するようにすればいいということではありません。
 
実は、不調を改善するために、もう一つ大事なことがあります。
 
それは、筋バランスが整った状態で、見る、座る、立つ、歩くなどの日常動作ができるようになることです。
 
そもそも、筋バランスの崩れは日常動作のクセから始まります。
 
例えば、スマホを見るとき、同じ手で、同じ角度で持つことが多いと思います。
 
また、体全体をみると、胴体より頭が前に出ていることが多いです。
 
本来、頭はとても重いので、背骨全体で支えるとラクな人体構造になっています。
 
ところが、頭が前に出ると首と肩で支えることになります。
 
首や肩は前に出た頭を支える仕様になっていないので、かなりの負担がかかります。
 
スマホを長時間見て、肩や首がつらい、、、となるのは、
背中の筋肉=使わない、首、肩=使いすぎという筋バランスのくずれが起きているからなのです。
 
こうして、筋バランスが崩れた状態で、立つ、座る、歩くなどの動作をしてしまうのです。
 
これは、時間をかけてできた癖なので、背中の筋肉を使えるようにしても、どうやって使うか?を
意識できないと日常動作は変わりません。
 
例えるなら、包丁を磨いても、切り方までは上手にならない感じです。
 
つまり、からだの使い方のクセは、動いていない箇所を使えるようにしながら、日常動作の中で修正していくということになります。
 
まとめますと、不調を改善するには、
 
重力下での正しい骨や筋肉の位置を
キープしながら、まんべんなく使えるようになることで滞りの原因を解消し、
さらに、日常生活でも正しいからだの使い方を反映させることで
不調の原因をつくらなくなるというこになります。
 
とはいえ、無意識に長い間かけてできたクセなので、修正するのは大変そうに聞こえるかもしれません。
 
でも、不調の改善に至るまでにやることは3つだけです。
 
1、緩める
 
辛い箇所は筋肉同士がくっついて動かしにくくなっているので、専用のボール、ストレッチによって緩めます。
お一人ずつの
緩めるべき場所とやり方を
的確にお伝えするので、毎日自分で緩められるようになります。
自分で整体をするようなイメージです。
これだけでも、まずは翌日に辛さを、持ち越さなくなります。
 
2. 動かす
 
十分に緩めた後、伸ばし、縮め、捻り、
あらゆる方向に動かします。
ヨガやジムと違うのは、使いやすい箇所を使わせないで、
使いにくい箇所を動かしていきます。
何度も動かしていると、使えなかった箇所が動かしやすくなり、使いやすかった箇所とのバランスが整ってきます。
筋バランスが整うと、重力に負けなくなり、軽さを感じる様になります。
 
3.落とし込む
動かせるようになったら、日常動作に落とし込んでいきます。
スマホを見るときはこの姿勢でみる、
立つときはここを使って立つ、
座るときはここ、
歩くときはここを使うという風に新しいからだの使い方が
できるように練習します。
練習通りに生活していくと、
これまでのクセは修正され、筋バランスが整い
不調の解消へとつながっていきます。
 
さて、
ここまででお気づきかと思うのですが、、、
重たいものを持ち上げたり、息を荒げる内容は一切ありません。
 
なので、運動が苦手で、できることを探すのが大変だった方にも、安心して取り組んでいただけます。
 
もしかすると、
長年の不調改善と聞くと、特別なやり方が必要な気がしていたかもしれません。
 
でも、重力がある環境で一番ラクな動き方ができればいいだけなのです。
 
そして、一見遠回りに感じるかもしれませんが、体の使い方を変えて、定着させることが
長年の不調の原因を解消する一番の近道なのです。
 
ぜひ、
不調が改善され、辛さを感じないで毎日を過ごせる感覚を体験してみてください。

 

 

ゆらトレが選ばれる理由

 

 

・からだの使い方の原理原則が身につくので、不調の改善、予防になる
 
・自分でできる方法なので、整体やマッサージなど他者に頼らなくて良くなる
 
・運動が苦手でも結果がでる

 

 

このような方におススメです

 
・長年の不調が辛くて暗い気持ちになったり、行動が制限されることをもう辞めたい方
 
・整体やマッサージにいつまでも通い続けるのかと不安な方
 
・運動が必要なのはわかるが、体が硬く、筋力、体力に自信がないので、何をやったらいいのかわからない方

 

  • 運動が苦手でも、体力や筋力アップの必要性を感じている方
  • ヨガやピラティスでは効果を感じない方
  • 自分のからだは自分でメンテナンスできるようになりたい方
  • ライフワークとなるようなエクササイズを探している方
  • ゆったりとした雰囲気の中でからだづくりをしたい方
  • からだとこころは通じていると気がついている方
  • 心身バランスのよい人生を送りたいと思っている方

 

開発者のプロフィール

 
 

レッスンの詳しい内容を知りたい方へ

 
 

体験をご希望の方へ